セルライトができてしまう原因をきちんとしろう

私たち女性の悩みの種であり、ここ数年何かにつけて話題に上る「セルライト」。できてしまうと、肌がデコボコとして見た目的にも嫌なものですよね。
セルライトができてしまうと、大半の女性は何とかしようと必死にマッサージしたり、エステに通う事を考えたりと、改善策を取るものだと思いますが、そもそものセルライトができる原因について詳しく調べたり、そのメカニズムを知っている方は少ないのではないでしょうか。
目立つ部分にセルライトができてしまうと、一刻も早く何とかしなければという気持ちは同じ女性として理解できるのですが、まずはセルライトができてしまう根本的な原因を知ることが、セルライトを改善するのに一番大切な事です。


セルライトは、よく「脂肪の塊」と称されたりしますが、もう少し掘り下げて説明すると、体内の老廃物や水分が脂肪細胞と結合して作られると言われています。
その原因が、基礎代謝の低下や運動不足・血行不良・運動不足や食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れによるむくみや冷えとされています。

基礎代謝の低下は、加齢や運動不足、偏った食事等によって筋力が検証してしまう事で起こります。筋肉量が減少すると、エネルギーを消費しにくく太りやすい体質、脂肪がつきやすくセルライトが作られやすい体質になってしまうという事です。
また、筋肉量が減少することで、血液循環がスムーズにいかなくなり、セルライトも原因と言われる冷えやむくみを生じてしまいます。
セルライトの改善や予防には、基礎代謝の低下の改善や予防で、筋肉量の減少や血行不良による冷えやむくみを防ぐことがとても重要になってくるという事です。

この時期は、冷えに悩む女性が多くいらっしゃり万病のもととされる冷えが、実はセルライトと密接に関係しているという事もしっかりと考えて対策を取るようにしましょう。

30代体験談
コンテンツ

Copyright(c)  エステで効果的にセルライト除去!人気のセルライトエステランキング All Rights Reserved.